CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WiiRemoteプログラミング
WiiRemoteプログラミング (JUGEMレビュー »)
白井 暁彦,小坂 崇之,くるくる研究室,木村 秀敬
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ホントですか? | main | Wiiリモコンを理科室で使う >>
GlovePIE実験(5)
ワイアレスマウス代わり 台風の18号の接近でなにかとバタバタいそがしいのですが、台風を迎え撃つ?準備の完了後GlovePIEです。
 心残りだったWiiリモコンのPowerPoint専用ワイアレスマウス化計画を実行。自宅から古いWindowsノートPCを引っ張り出してきてプロジェクタと接続してみました。ただ、このPCはおもちゃとしてプログラミングで遊んだりするLinux+Win2Kマシンです。当然MS-Officeなんて入ってません。そこで、OpenOfficeをインストール。プレゼンアプリのImpressを使用。これでPowerPointの代わりにします。
 余談ですが、このOpenOffic Impress。PowerPointのファイルもほぼ再生できますし、PowerPointにない機能もあって、なかなか良い具合です。理科室常駐マシンにしてもいいかもしれません。ネットに繋がない、プレゼン専用マシンなら、Win2Kで十分ですし、アプリはOpenOfficeで十分(というより、本家のPowerPointよりいいかも)です。
 さて、使用前に、センサーバーをセットします。
センサーバー
 今回のセンサーバー(試作段階)は、赤外線LEDを5つ並列に繋いだもの。それでも消費電力は豆電球1個程度なので、単一乾電池で十分でしょう。電池の持ちが悪いようなら、他の方法も考えます。(ところで、純正のセンサーバーはなぜLEDが二ヶ所なんでしょうか、水平を検知しているのかな?。。)

 で、スクリプトは以下の通り。実験(3)(4)のスクリプトそのものです(笑)。例によってGlovePIEは日本語を無視します。

//2009.10.7 www.h2caster.net
//ホームボタンを押すとスクリプト終了
if Wiimote.Home then
ExitScript
end if

//1キーの長押しでPowerPoint起動
Execute("c:¥Program files¥Microsoft Office¥Office12¥POWERPNT.EXE")=heldDown(Wiimote.One,1S)

//2キーの長押しでPowerPoint(プログラムの)終了
Key.Alt+ Key.F4 = heldDown(Wiimote.Two,1S)

//スライドショーの開始と終了
Key.F5 = Wiimote.Plus
Key.Escape = Wiimote.Minus

//矢印キーの割り付け
key.Up = Wiimote.Up
key.Down = Wiimote.Down
key.Left = Wiimote.Left
key.right= Wiimote.Right

//マウスの左・右クリックをA・Bボタンに割り付け
Mouse.LeftButton = Wiimote.A
Mouse.RightButton= Wiimote.B

//センサーバー使用時の赤外線ポインタ
if Wiimote.dot1vis then
mouse.x = (1023 - Smooth(Wiimote.dot1x,3,2)) / 1023
mouse.y = (Smooth(Wiimote.dot1y,3,2)) / 767
endif


 ちゃんと動いて一安心です。
 マウスのポインタも通常の操作なら十分できます。マウスカーソルの動きがきごちないときは、Smooth関数の数字を調整していきます。図形を描いたりは難しいかもしれませんが、ウインドを動かしたり、クローズしたりは普通にできます。教室で机間巡視しながらでもマウス操作できます。Wiiリモコンをスクリーンに(正確にはセンサーバーに)向ける必要がありますが、これはかなり便利。

 最後に、GlovePIEと、このスクリプトが立ち上がるバッチを組んでみます。
 次の2行をテキストファイルに書き込んで、拡張子が.batのファイルを作ります。Winならメモ帳が適当でしょう。

"c:¥Program files¥Microsoft Office¥Office12¥POWERPNT.EXE" -"c:ファイル名.PIE"


 昔懐かしいバッチファイルですね。MS-DOSのときは散々お世話になりました。
 これでBluetoothでWiiリモコンの認識させて、このバッチファイルを立ち上げれば、あとはすべてWiiリモコンだけで快適に授業ができます。

 ところで、一つ気付いたこと。このWiiリモコン。赤外線マウスとして使うと、認識できる距離が5mほどです。まあ、5mあれば十分なのですが、この距離はマウスとセンサーバーの距離で変わってくると思います。解決策としてはセンサーバーの赤外線を強くするしかないのでしょうか。。。このあたりはまだ課題ですね。
| GlovePIE | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.h2caster.net/trackback/985570
トラックバック