CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WiiRemoteプログラミング
WiiRemoteプログラミング (JUGEMレビュー »)
白井 暁彦,小坂 崇之,くるくる研究室,木村 秀敬
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< Wiiリモコンの準備 | main | 電子ペンの使用感を確認 >>
LED電子ペンの製作
赤外線LEDについて

赤外線LEDは
TLN105Bを使用。

1個40円。通販で買うと、送料のが高くなりますね。データシートを見ると、必要な電圧は1.35V〜1.5Vなので、単三電池1個でことたります。抵抗も必要ないので、豆電球のように乾電池につなげるだけですね。ちなみにリードの長いほう(アノード)をプラスにつなぎます。
 一応回路図は、下のように。
LED回路
 東芝のLED、TLN105Bは半値角がプラスマイナス23.5°なので、電子ペンに使った場合、Wiiリモコンのスキャナに補足されやすくなります。逆に、赤外線LEDはリモコンに用いられるように、半値角が7°とか、8°とか、狭いものもあるので。購入時に注意しないとうまく使えない場合も考えられます。

実際に光らせてみても。。もちろん赤外線なので見えません。画像はiPhoneのカメラで写したもの。デジカメ関係は赤外線フィルターがついているものは見えないことがあるのですが、安物の携帯電話のカメラなどには、しっかりしたフィルターがついていないことが多く、画像のように確認できます。画像からは分かりませんが、正面から見ると結構強い光です
sekigaisen



実際に制作した電子ペンがこれです。
denshipen
材料
(1)赤外線LED・東芝 TLN105B・・・・40円(通販)
(2)単三電池ホルダー・・・150円(ホームセンター)
(3)タクトスイッチ・12mm角・・・・・60円(通販)
(4)熱収縮チューブ・基盤・物差し・・・理科室に余っていたもの
 クリック感を重視して大型のタクトスイッチを使いました。けっこういい感じです。

| Wii電子黒板実験(Mac) | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.h2caster.net/trackback/951168
トラックバック