CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WiiRemoteプログラミング
WiiRemoteプログラミング (JUGEMレビュー »)
白井 暁彦,小坂 崇之,くるくる研究室,木村 秀敬
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< obniz いよいよ魔法の世界へ | main | 要するにネットワークプログラミングなんだ >>
Ruby始めます

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

 また思いついたように書いてみる。

 今度はなぜかRubyから始まる。あまり唐突なので、そのわけを

 少し備忘録として書いておく。

 

(1)小学校でmicro:bitを全市的に導入し、新指導要領に備えた。研修は進行中だが中核となるハードウエアは現有し、あとは粛々と研修を進めるだけ。

(2)でも、中学校技術科の「双方向コンテンツのプログラミング」には、どう対応しようかめどが立たない。できれば、小学校との接続を重視し、micro:bitを使っていただきたい。(ま、それほど拘らないけど)

(3)しかし、今現在までそのような実践事例はない。

(4)日本の最先端をいく熊本の中学校も見てきたが、そこはScratch2.0とその拡張機能&Arduinoだった。さらに拡張機能はオリジナルプログラムである。

(5)要するに簡単にmicro:bitとネットをつなげる手段が見当たらないということである。

 

 で、いろいろ考え悩んで、一番簡単なのは「micro:bitとPCをシリアル通信でつなぎ、PCをネットにつなげる」のではないかという結論に至った。で、これまた一番簡単なのはある程度簡単に開発可能で、ネット上のプログラミングに便利に使えるというRubyが開発言語としてよいのではないかと考えた。

 なんでRuby?Pythonでないの?あれ、phpは?などいろんな意見もあるだろうが、「使ってみたかった」というのがまあ、8割。

 というわけで、これからしばらくrubyで遊んでみる。

| プログラミング学習 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック