CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
WiiRemoteプログラミング
WiiRemoteプログラミング (JUGEMレビュー »)
白井 暁彦,小坂 崇之,くるくる研究室,木村 秀敬
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
obniz いよいよ魔法の世界へ

JUGEMテーマ:コンピュータ

 OBNIZ(オブナイズ)我慢できずに買ってしまいました。実験中です。

 見ての通り、ちいさあーい!が第一印象。micro:bitより一回り小さく感じます。入っていた箱なんか、ガムの箱?というくらい。

 で、使ってみました。

 画像は、ネットにつなげ、LEDを点滅させるボタンと作り、PCの画面のクリックで、LEDを点滅させる(押しているときだけ点灯)というもの。時間、5分(笑)。まあ、そのくらい簡単です。プログラムを作っているPCからUSBで給電しているので一見直接PCとつながっているように見えますが、そうではなく、Wi-Fi・インターネット経由で繋がっています。JavaScriptのほうのコードはじっと見なければわかりませんが、ブロックプログラムは直感的にできます。そのブロックが下の画像。

 obnizをネット経由で接続。クラウドにあるこのオブナイズ固有のページに接続すると、そこにあるプログラム通り動くってイメージです。これで、「ネットワークを使った双方向のコンテンツ」を実現できるかな?

 ただ、JavaScriptの画面では、HTMLの中のスクリプトとしてプログラムが組まれていきますよ、ということで理解できるのですが、ブロックプログラムだと、このブロックしか表示されない、、。え?HTMLは?HTMLの中にプログラムを書くってどういうこと??そもそもHTMLって何???てなことになるわけです。この動作イメージが使用者(中学生だ)の頭に、すっきり理解されるかどうかが心配です。いや技術科教師がすっきり説明できるかも心配、、。

 今でもネット環境はスマホの画面の向こうは魔法の空間になりつつあります。大人だってきちんと理解している人は、新指導要領中学校技術科を作った方々も含め、きっと極めて少ないのではないでしょうかね(自分もそうだ)。「十分に発達したテクノロジーは魔法と見分けがつかない」といったのはA・アシモフでしたかA・C・クラークでしたか。。。オブナイズ。。魔法になりつつありますよ(笑)

| プログラミング学習 | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
micro:bit

JUGEMテーマ:コンピュータ

| プログラミング学習 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハードウエア完成形

JUGEMテーマ:コンピュータ 

 技術科の計測・制御・プログラミングの学習に使うハードウエアが完成形となりました。

 様々試行錯誤した結果、小さなブレッドボードをかましてモータードライバのピンヘッドと接続。意地悪くわざと同じ色のジャンパワイヤを使っています。

 ほぼ廃品利用なので、実際のコスト(micro:bit本体を除く)はモータードライバ、ブレッドボード、ワイヤ少々の2000円弱。センサー部分を取り去ってしまえば、小学生でも遊べます。

 後ろから見るとLEDマトリクスが鮮やかです。キャラクタを表示させ楽しむことも。。

 ただ、ハードウエアができているからと言って、この車が思い通りに動くとは限りません。少し試してみましたが、なかなか手ごわい(笑)。

 ループの掛け方一つにしても、プログラム上は同じだろう?と思えるのですが、微妙なタイミング?で思うように動いたり、動かなかったり。。。きっと楽しい授業になりそうです。

 

| プログラミング学習 | 07:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Scratchの埋め込みもできますね

 ただ、ブラウザがFlashの実行を許可していない場合、動かなかったり、警告が出るかも。

 chromeの場合、いちいち訊かれるのでちょっと面倒です。

| プログラミング学習 | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Facebookの埋め込みもできますね

 ちょっと幅が合わないので、CSSを修正。プロがきちんと作ってあるCSSはポイントになる数字を触るだけですっきり表示。気持ちいいですね。素人が作ると、こっちの数字を変えると全体の表示が崩れ、それを修正しようとあっちを触ると、ますます。。。無間地獄ですね。

 おまけに情けないことに文字が見辛い。5年前はそれほど感じなかっただけに、こんなに変化するんだ、と凹んでおります。あ、愚痴は書かないはずだったのに、、、。

 とういうわけで、全体的にフォントのポイント数を上げて対応。年寄りに優しいBLOGです。

 

| プログラミング学習 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5年も放置してしまいましたが

JUGEMテーマ:コンピュータ

復活します。5年間何やっていたんだろう?(笑)

職場の立場の変化や異動など、要するに仕事にかまけて、大事なことをしていなかった。。。

はい。

というわけで、今までは自分の覚えとして、メモ代わりに書いていましたが、今後は誰かに見ていただくことも意識していきたいと思います。決して愚痴は書かない、いや、減らして、いや、少しは・・・。

 

| プログラミング学習 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
HSP初体験
 
 HSP - Hot Soup Processor - だそうです。
 2013年春まで完全ノーチェックでした。最近になって同僚の若者に教えられました。「え?使ってないの?」ってな感じです(笑)。要するにプログラム言語。最近この手のローカル環境で動くものは触ってないなあ、ということで、若者に負けじと早速インストール。
 うーん、ちょっと感動。その中身は、
 感動その1:GOTO文を30年ぶりに書いた(笑)
 感動その2:変数の宣言をしなくても使える
 感動その3:インタープリタ言語である(すぐ使える)
 感動その4:実行型ファイルに書き出すこともできる(実用でもある)
等、数え上げればきりがないです。思いっきりレトロな言語仕様。でも、けっこう使えちゃったりします。なかなか面白いです。



 で、早速なにか作ってみようと思いましたが、とりあえず以前Proce55ingで作った分子モデルをHSPで書き直してみました。
 いろいろ機能があるようなのですが、とりあえず今のスキルでは透明度は設定できませんでした。
続きを読む >>
| HSP | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
迷走は続きます
  あれ?SQSは?
 と自問自答。実は、いっしょに進めるはずだった方が、途中でくじけて、結局一人になってしまったんで、ブログを書くモチベーションも地を這って霧の彼方に消えてしまいました。
 そのあたりから迷走が始まって、ほかのこともしなければ(あ、仕事ね。。)いけないというわけで、何がしたいんだか、迷走状態は1年以上続いています。
 その迷走の産物が、これ。
 欠席状況をファックスで毎日送信しているのも阿呆らしいということで、作りました。うーん、サーバーさえあればいろんなことができるのに。。と思いつつ、手作りでいきましょう、という発想はないだろうなあ、ということも理解できて、これについてもいまいちモチベーションが上がりません。
 
続きを読む >>
| ICT実験 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SQS備忘録(2)JREのインストール
SQS
 まず、SQSをインストールしなければならない、と言いたいところですが、SQS自体は、Java Web Start なので、本当の意味でのインストールは必要ありません。
 Java Web Startとは、Java製GUIアプリケーションをウェブサーバなどから自動ダウンロード、自動インストール、自動アップデートして、実行可能な仕組みです。前記3つの自動というのがミソで、ネットにつながっていれば、常に最新バージョンを勝手に引っ張ってきて実行してくれるという、便利なアプリ形態となっています。(問題もあるようですが)要するに通常のWindowsのアプリケーションの追加と削除では、扱えないということです。
 実際にSQSを動かすためには、SQSのホームページで、SQS SourceEditor または SQS MarkReader をクリックするだけです。インストールしますか?はい・キャンセルなどといった類いは、いっさい表示されません。
 ただ、一つだけ条件があり、その条件とは、Javaの実行環境があらかじめインストールされていること。Java実行環境は、JRE(Java Runtime Environment)といって、ORACLEというメーカーが無料で配付しています。SQSは、このJREの上で動くのですが、SQSの他にもJREの上で動くソフトはたくさんあり、場合によっては自分のPCに、すでにインストールされているかもしれません。その場合、新しいPCには、新しいバージョンのJREがインストールされているのが通常ですが、やっかいなことに、SQSは、最新のバージョンでは動作せず、古いバージョンのJREが必要なのです。ここが、最初の関門といっていいでしょう。
 SQSに必要なJREのバージョンは

 Java SE Runtime Environment 6u18

 か、それ以前のものです。最後の数字が19になると動きません。(2011・11・6現在)
続きを読む >>
| SQS | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SQS備忘録(1)スタートアップ
SQS
  初めてこれを知ったときは、かなり衝撃でした。ひょっとするとWii電子黒板以上かも。でも、使ってみて分かったのは、学校現場のレベルでは、なにか特別なことが無い限り、手計算したほうが速い(笑)。というわけで、何回か使っては見ましたが、年に1回程度では、すぐに使い方を忘れてしまう。。。しかし今回、もう一度使うチャンスがあったので、きちんとメモを作っておくことにしました。

 モノは、これ Shared Questionnaire System です。

 http://sqs2.net/index.html.ja

 久保裕也先生 という千葉商科大学の先生が作られたものです。あれ?Prossecingのとき、参考にさせていただいたのは、やはり千葉商科大の田所先生だったと記憶しておりますが。。。うーん、千葉商科大、やるな。。

 つまりそれまでバラバラだった何らかの調査を Shared Questionnaire 質問用紙をシェアし、同じ質問に答えることができれば、今まで見えなかったものも見えてくるのでは。。。という理念はさておき、自分たちは、目先の、

 完全無料のアンケート集計ソフト。アンケート用紙は普通紙に印刷したものでオーケイ。必要なのは市販のシートスキャナのみ。。。。

 というおいしいところだけをいただくことにします。

 とはいうものの、ご近所さんで、このSQSを使って、、という話はあまり聞いた事が無いですし、自分の勤める地区でも、皆無だと思います。ためしに検索をかけてみると、宮城県では使っているみたいですが、他県はどうでしょう。
http://sqs.edu-c.pref.miyagi.jp/sqs/ は宮城県のサイト、使い方も参考になります。

 本当にすばらしいシステムですが、やや敷居が高いのも事実。この敷居を下げるために、すこし、ていねいに進めていきます。

続きを読む >>
| SQS | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/7PAGES | >>